PMDsに対するピリドキサミンの治療効果を検討する医師主導治験について

PMDs(月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD))でお困りの患者さんへ

ここでは、治験にご関心のあるPMDsでお困りの患者さん向けに、 現在実施中の「PMDsに対するピリドキサミンの治療効果を検討する医師主導治験」の概要についてご案内します。

※PMS、PMDDの詳細については、こちらをご確認ください。 PDFファイル
3.74MB

医師主導治験の概要

●この治験では、ビタミンB6の一種である 『ピリドキサミン』 というおくすりを使用します。

●おくすりには、
  ・ピリドキサミンの成分が少ないおくすり(低用量)
  ・ピリドキサミンの成分が多いおくすり(高用量)
  ・ピリドキサミンの成分が入っていないおくすり(プラセボ)
 の3種類があり、いずれかを服用していただきます。(患者さんご自身でおくすりを選ぶことはできません。)

●治験の参加に同意され、診察や検査などにより参加の条件を満たした患者さんには、
 登録後、おくすりを約5月経周期間服用していただきます。

     

●この治験の治験期間は『2020年10月~2023年12月』です。
 患者さんの募集期限は『2023年3月末』を予定しています。